サイトを訪れてくださった方へ

私はレッシングの『ラオコーン 』を横に置いて、折りあるごとにそれを参照して着想を得るような制作スタイルを採っています。『ラオコーン 』で展開されている詩画比較論、謂わばことばとイメージの問題やジャンルの問題、メディウムの問題などが中心です。(ギリシア神話の神官ラオコーン それ自体や、巻きつく蛇それ自体、ポセイドン、レッシングの劇作・神学論争・スピノザ論争(汎神論論争)などの射程にも関心を持っています)

 

学部時代は哲学科に在籍していました。別の学部で教えていらっしゃったアメリカ美術史・美術批評研究で高名な教授に『ラオコーン 』で卒業論文を書くと言うと、「Oh Classic~!」とおっしゃっていましたが、1766年の『ラオコーン 』から始めた場合、現代アートまでたどり着くには長い道のりが待っていることを知る由もありませんでした。

『ラオコーン 』から連なる研究・批評・理論の蓄積は膨大なものであり、その圏域は広いため『ラオコーン』それ自体を研究対象としてしまうと、その系譜からたどり着いた現代の美術理論まではとても距離があります。

2016年に具体的に私の制作活動が始動します。「アーティスト」として外に発表する段では何か軸が必要だと考え自然と『ラオコーン 』を手掛かりにするしかないだろうということになりました。そして、Towards a Newest Laocoönをスローガンとして掲げることになります。”Towards a Newest Laocoön”というスローガンは大風呂敷に過ぎますが、これ以外のコンセプトが手元になかったというのが実情です。美術史への文脈付けとしてこれほど強力なコンセプトはないと言える一方で、コンテクストに稚拙に乗っかるだけでは”Newest”とは言えないという、良い意味でのジレンマがあります。そのジレンマこそが(少なくとも私にとって)アーティストとしての自由と言えるでしょう。

 

制作対象は主に機械学習による画像生成とドローイング/ペインティングです。画像生成についてはメディウムの観点で興味深い広大な未踏の領域が広がっているように感じます。あらゆることがやり尽くされたように思われるドローイング/ペインティングもこの機械学習から学ぶことも多いでしょう。

 

Statement ver0.2

The art world is full of fascinating problems waiting to be solved,

and...

Towards a Newest Laocoön

 

1)  Comparative Theory of Words and Images

The relationship between words and images as poiesis practitioners.

How do we move forward in the debate about words and images?

2)Newest = loss of context, discard, and denial of this statement

3)Digression.To begin with, what is the priest Laocoon, which is also the title of "Laocoon"? 


4) Indeterminacy of depth in a plane 
Even if the form of a two-dimensional painting is not intended to evoke illusion, we seem to aspire to "depth" according to the shadows contained in the image and the size of the form. However, in the images generated using neural networks, it is possible to disturb such "depth" orientation and create new "connotative moments". Originally, the term "connotative moment" in Laocón was used in the discussion of which moment of movement the artist should cut out, and it was suggested that the artist should cut out a rich cross-section that evokes the back and forth on the time axis. On the other hand, in a new connotative moment, the connotative "moment" of the spatial axis is a problem.


5) New image sampling by machine learning
Several specific imaging modes, which have not been verbalized in previous imaging theories, are identified. He attempts to verbalize them and purify them as works of art.


6) "Laocoon" and today's "Laocoon"
Reading of Lessing's "Laocoon" and the books in its lineage, as well as the 2019 edition of "Rethinking Lessing's Laocoon", edited by Lifschitz and Squire. I have been pondering what kind of attempts should be made in Japanese contemporary art, which has been described as a "bad place" due to the fact that art is performed in the absence of a modern foundation.

Reference Text

​ただもう一つのラオコーン Just, one another Laocoon.

https://www.dropbox.com/s/e45shdkxtlydwwh/%E3%81%9F%E3%81%A0%E3%82%82%E3%81%86%E4%B8%80%E3%81%A4%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3.pdf?dl=0